相続人の決定方法

| 未分類 |

財産がある方は自分が亡き後財産を相続する人を決めておかなくてはなりません。あらかじめ遺言書を書いておく人もいますし、書かないケースもあるでしょう。遺言書がある場合は、その中で指定されている人が基本的には相続することになります。
遺言書がなかった場合は法定相続人が財産を相続することになります。順番としては一位が子供になります。子供が複数いて一人が実子で一人が養子の場合でも相続の権利は同等とみなされます。また、生まれていない胎児でも生まれたものと考えて相続することになります。
一位が子供で二位が直系尊属と決まっています。しかし、一位の子供がいた場合は二位の直系尊属が相続することはできません。直系尊属とは父や母、祖父、祖母のことです。
三位は兄弟や姉妹になります。つまり同じ家族であっても、相続の面だけを見ると親と子供の結びつきよりも兄弟の結びつきの方が順位が下になるということです。
夫や妻は配偶者となり常に相続の権利がありますが、内縁の夫や内縁の妻の場合は相続することはできません。
相続では慎重に調査が進められなければなりません。非嫡出子の有無や養子縁組等ではトラブルに発展しやすいため、特に注意を払って調査することになるでしょう。