信託銀行では、相続に関する様々な相談、コンサルティングを受け付けています。
まず第一に、遺言信託です。遺言に関する相談、保管、執行を遺言の執行者として引き受けてくれます。
第二には、相続が発生した場合の財産目録作成や名義変更などの手続きを遺族にかわって行ってくれます。遺産分割協議書に関するアドバイスもしてくれます。
第三には遺産の現状分析をし、財産承継が円滑に出来るようアドバイスをしてくれます。資産に関する運用については、一般の人達にはわかりにくいことですから、銀行関係の専門家のアドバイスは役に立ちます。
さらに事業経営者の場合は、事業承継がスムーズに進むよう、総合的にコンサルティングをしてくれます。自社株や財産の移転をはかるなど、事業の継続的繁栄を目指して、資産運用について専門家としてアドバイスをしてくれます。
相続が発生した場合、このように信託系の銀行に相談をすることで、様々な手続きがスムーズに進んでいきます。個人の場合でも事業を引き継ぐ場合でも、それぞれに向いた相続を適切なアドバイスと事務処理によって、安心な業務を展開してくれます。信託系の銀行の仕事について、日頃から理解をしておくことは大切なことです。