窓

どちらも相続の代表的な業務を取り扱っています。しかし、その内容というのは様々あります。遺言状の作成はどちらも行うことができます。遺言状とは、公正証書遺言状または自筆証書遺言状のことです。また、亡くなった方の相続の調査をできます。戸籍謄本などを収集して、確定することができます。そして、遺産分割協議書の作成をします。
行政書士は、比較的できることが限定されています。

和室
司法書士は、行政書士と比べると業務内容が幅広くあり、相続登記ができます。これは、亡くなった方が持っていた家やマンションの名義を相続人に変更をすることです。土地も名義変更します。また、相続放棄の手続もできます。相続放棄の手続というのは、家庭裁判所に対して行います。裁判所への提出書類を作成します。そして、家庭裁判所に対する調停をできます。そして、審判の申立書を作成できるのです。このように、相続関係の業務の大部分を担うことができるのです。
ちなみに、相続税の申告業務はどちらも行うことはできません。しかし、相続税の申告が要る場合というのはごく稀です。とてもレアなケースですが、もし相続税の申告が必要になったら、その際は税理士に依頼する事になります。